あろまろま

アロマとともにゆるく楽しくいきましょう

一家に一本。アロマセラピストがおすすめするティーツリー精油の驚くべき力とは?

こんにちはー。帰国子女アロマセラピストの、ちるです。

 

今日はアロマセラピーで使う数ある精油の中でも、

日常生活でとっても役立つティーツリーという精油について書きたいと思います。

 

まず、イキナリすみません。最初に断ります。

このティーツリーはあんまりいい香りと言えません。

 

アロマセラピスト名乗っておきながら毎度この入りでほんっとにすんません!!!!

 

ですが、おすすめするにはちゃんと理由があります。

 

この精油、シンプルに一言で言っちゃうと、

 

めっっちゃ使えるんです。

 

ティーツリーは「天然の抗生物質と呼ばれていて、

 

・ニキビのケア

・虫刺されのケア

・風邪予防

・足の清潔さを保って、臭い&水虫予防

 

一本でこれだけできちゃいます。

 

そんなティーツリーの魅力や活用法をお伝えします!

 

ティーツリーって、こんな木

f:id:chilu731:20161029212829j:plain

 

ティーツリーは、シュッとすっきりした見た目の木で高さは6mほどにもなります。切っても切っても生長を続けれるほどに生命力が高く、エネルギーがある植物です。

 

このシャープな青々とした葉っぱから精油が取れます。

 

ティーツリーってどんな香り?

 

力強い葉っぱからも想像できるように、薬のようにツンとした感じがあります。

「うーん、これは効きそう!」って思わず納得しちゃう感じですね。

でも、この力強い香りは不思議と心と体に活力を取り戻させてくれます。

 

去年の冬、少し体調が悪くてぼーっとしてしまうときに、気分転換と風邪予防の意味でティーツリーを使って足浴をしてみたのです。

その頃もティーツリーは好きな香りではなく、ただただ風邪予防を期待して使ったのですが

足をあったかい湯につけてリラックスしながら、やんわりと立ち上ってくるティーツリーの香りを嗅いでいたら、

何故かとってもすっきりして元気と集中力が戻ってきました。

何度切られても生長できるティーツリーの生命力を少しわけてもらえたのかもしれません^^

 

ティーツリーの主な効能や効果

抗感染・免疫強化

免疫を刺激して風邪、インフルエンザなどの病気の予防に役立ってくれます。

免疫機能を上げてくれることで花粉症にも。

また炎症を抑える効果もあるので、のどが痛いときなどのうがいにも適しています。

 

抗菌・抗真菌作用

ニキビや水虫などの菌による皮膚のトラブルにもよく効きます。

 

感情の浄化

溜まったストレスやマイナスな感情を浄化して沈んだ気持ちを引き上げ、活力を取り戻してくれます。

冷静に、前向きに物事に取り組めるようにサポートしてくれる香りです。

 

 

 

 

ティーツリーが「天然の抗生物質」と呼ばれるワケ

 

その異名の通り、ティーツリーには強い抗菌力、抗感染力、免疫を上げるなどの効果・効能があります。

 

それはティーツリーに豊富に含まれるテルピネン‐4‐オールという成分のお陰です。

 

ちょっと長いんで、アロマセラピーの勉強で覚えなければいけないとき、

「テル男4(テルオフォー)」と呼んでいました。

 

このテル男くん、私たちの体の中に入ると、白血球や抗体を活性化してくれます。

白血球や抗体は体の中に入ってきた風邪菌などと戦ってくれるものなので、

結果的に免疫力が上がるのですね。

 

これがティーツリーの成分の40%を占めていて、それがそのまま精油の特徴になり、

天然の抗生物質を呼ばれるようになったわけです。

 

テル男くん、すごいやん!!

 

 

ティーツリー活用法

 

お待たせしました!

そんなティーツリーの活用法をお悩み別に紹介していきたいと思います。

 

っとその前に…今回ご紹介する方法は肌に触れる方法が多いので、

必ずパッチテストを行ってからお使いください。

ティーツリーは敏感肌の方などには皮膚刺激となってしまう可能性があるためです。

私がティーツリー精油を使わせて頂いたクライアントさんの中で肌が荒れた方は今のところ居ないのですが…本当に念のため、パッチテストをおすすめします。

 

それでは、私自身の体験談も交えつつ、活用法いってみましょうー!

 

ニキビケア

ニキビって厄介ですよね…。私も10代の頃よりはマシですが、ときどきポツッと大きくて痛いのができます…

 

そんなときには、

 

1.綿棒にティーツリーを1滴たらします

2.それをニキビに優しくちょんちょんとつけます

 

はい、これで終わりです。

 

小さいニキビならば次の日には治っていますし、大きないたーいニキビも、赤みが取れていたり、痛みが引いていたり。

何かしらの効果があります。

 

ほんっとうに簡単ですし、おすすめです。

 

少し注意することは、刺激が強いので

・綿棒にたらさずに直接手にとって付けることは絶対にしない

・大量に塗りすぎない

・広範囲には絶対に塗らない

その3つです。

あくまでも、ニキビがある箇所だけにしてください。

 

 

虫刺され

日常生活の中で蚊やダニに噛まれてしまったとき、ムヒなどを使うことも多いのですが、その抗菌効果に期待してティーツリーを使います。

 

去年の夏、久しぶりに田舎のおばあちゃんの家に行ったとき、しっっかりお尻をダニにやられました…

その日に外に干してたのですが、田舎のダニをなめたらあかんのです…(´;ω;`)ウゥゥ

 

次の日にかゆくてかゆくて、しかもみるみるうちに腫れてくるので

慌ててティーツリーをニキビのときと同じく綿棒に取って塗りました。

 

そしたら次の日からみるみるうちによくなってすぐにかゆみもなくなり、痕も残らずきれいに治りました。

 

さすがティーツリー。虫刺されのケアでも効果をしっかり発揮してくれました。

 

 

風邪予防

風邪って地味に辛いですよね?

風邪ひくたびに、いつも元気なことがどれだけ幸せかを嫌というほど実感し、

マスクもせず、うがいを怠った過去の自分の両肩をがっちり掴んで「なんでだ??なんでなんだぁ??」とユサユサしたくなります。

 

そうなるまえに、今年こそはティーツリーうがいしてみてください。

 

やり方は

1.コップ一杯のお水を用意する

2.そこにティーツリーを1滴だけたらしてぐるぐる混ぜる

3.普通に上向いてうがい

はい、これだけです。

 

ティーツリーは刺激が強いと言いましたが、この方法はかなり濃度が低くなっているので、今のところなにか口の中が荒れたなどはありません。

 

ただ、難点が一つあるとすれば、良い香りじゃないのでうがいはなかなか辛いことですね。

 

この方法は、ティーツリーの香りを受け入れられる方じゃないと難しいとは思います。

その場合には、次にご紹介する足湯を試してみてください。

 

うがいよりは効果は劣りますが、ティーツリーが少し体に吸収されることで、免疫力を高めて風邪予防に繋がります。

 

足の清潔さを保って、嫌な臭い&水虫予防

暑い夏に仕事で長い間パンプスや靴を履いた日や、冬場にロングブーツなどを履いていた日にはどうしても足の蒸れが気になります。

 

そんなときに行うのがとっても気持ち良い足湯!

方法は

1.38~40度くらいのお湯を洗面器にはる

2.ティーツリーオイルを3滴ほど湯に落とす

3.足をつける

4.もしお湯が冷めてきたら一回捨て、1からやり直す

5.終わったらよく水気をふき取る

これだけです。

この方法で大体10分ほど行います。

 

ティーツリーは水虫の原因となる真菌(カビ)にも抵抗する力があるので水虫の予防になりますし、夏は冷房などで足が冷えてしまうので、それを温めるのにも有効です。

 

そして、少しだけですが皮膚から吸収されることと体が温まる両方の効果で風邪予防にも繋がります。

ティーツリーの香りが苦手でうがいが難しい人でも、顔から遠い足湯ならば香りはそこまで気にならないのでおすすめします!

 

ティーツリー精油を使うときの注意点

効果がしっかりある精油だけに、注意点もあるので

これだけはしっかり守って頂きたい点をお伝えします。

・皮膚刺激を感じる場合もあるので、敏感肌の方は事前にパッチテストを行ってください。

妊娠初期の方は使用をお控えください。

 

おわりに

ティーツリーは、1700年代に英国の探検家ジェームズ・クック(キャプテン・クック)がオーストラリアに初めて上陸した際にスッキリした味のお茶が飲みたいと思い、

近くに生えていた木から葉を採取してお茶にして飲んだことからティーツリー(tee tree)と呼ばれるようになったと言われています。

 

また、オーストラリアの先住民であるアボリジニの人々の間ではその薬効は有名で、

化膿した傷などの手当てに昔から使われていたとも言われています。

 

そんなティーツリーを使って、自分で色々ケアやってみませんか?

 

★関連記事

chilu731.hatenablog.com

chilu731.hatenablog.com

 

広告を非表示にする